院試に落ちたらどうする?元院生が紹介

院試に落ちたらどうなるんだろう。
院試に落ちても終わりではありません。大きく分けて、3個の選択肢があります。

 

大学院試験に落ちた際には大きく分けて3個の選択肢があります。元院生、現研究職が紹介します。

他の大学の大学院試験を受ける

大学院試験は夏だけではなく、秋や冬にも開催される大学院は多くあります。

例えば、NAISTなどは冬にも大学院試験があります 。

 

また、他には教授のつてで他の大学院に入れてもらうケースもあります。実際に、私の友人ではそういうルートで進学した人が何人かいます。

これは正規ルートかはグレーなので、もしもだめだった時にダメもとで教員に聞いてみるといいと思います。

 

就活

秋採用の企業は多く存在しています。

秋採用の企業はあまりいい企業はないと思われがちですが、大手系列の子会社や中堅程度の求人も掲載されています。

そのため、まずは登録して確認してもいいかもしれません。

 

ちなみにメーカーに限定するとプラント系やITは学部卒が多いため、学部で就職する場合はそういった企業を中心に就活するとよいでしょう。

 

研究生

研究生として、研究室に所属し、来年度の大学院試験を受ける方法です。

これは研究室が小さいと教員が認めてくれない可能性があるので、実際に聞いてみるとよいでょう。

 

まとめ

院試に落ちてしまったら早めに就活か大学院に進学するかを決めたほうがいいです。

そのうえで、行動に移りましょう。

特に、就活する場合は、早めに決断しないと、良い求人は埋まってしまうので注意しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。