院試に受かりたいならばまずは問題集を解こう

院試に受かりたいけどどうすればいいのかわからない。
まずは自分の実力を正確に把握しましょう。そうすれば、何をすべきか見えてくるはずです!

院試に受かりたい。だけども、何をすべきかわからない。という疑問は院試を受けるうえではだれでも当たると思います。
そこで、何をすべきかを元院生、現研究職の私がご紹介します。この記事は実際にやったことと過去の戒めも含んでいるので、現在、悩んでいる受験生には参考になると思います。

まずは問題集を解く

まずは自分が何ができるか、何ができないかを知ることが重要です。
そのために、まずはいきなり問題集を解いてみましょう。

解いてみると恐らく、絶望すると思います笑 (成績のいい方ならそんなことはないかもしれません)
自分はこんなにできないのかと。
しかし、それにより、何ができないかがはっきりすると思います。

その上で、できなかったところを教科書を用いて勉強していくとよいでしょう (具体的な問題集の解き方はこちら)。
当然ですが、試験範囲は広いので、時間がかかります。なので、がむしゃらにやることはお勧めできません。
では何をすべきかというと、過去問の分析です。

 

過去問の分析

過去問を何年分か見てみると明らかに出題分野が偏っていることがわかります (過去問の手に入れ方はこちら)。
実際に問題を作るのはその学部の教員であり、どうしてもその教員の癖が出るのです。
そこで、問題を分析し、どの分野が多く出ているか分析してみましょう (具体的な分析の仕方はこちら)。

まず、問題集を解くのには、理由があります。過去問の分析から行うと多く出題されている分野だけに勉強が集中してしまい、他の分野の勉強をしなくなるからです。
一度、解いておきできないことを明らかにしておくことで、できない状態で試験に臨むのは怖いという心理を作ることができます。

それにより、試験前に全く触れずに挑むことを避けることができます。
そうすることで、もしも傾向が変わった場合にも対処することができるのです。

時間の無駄だと思う方もいるかもしれませんが、リスクヘッジは重要です。
もしも、やらない選択をするのであれば、作成している教員が同じだという情報を得ることが必要です。
しかし、まず公平性の観点から不可能でしょう。
そのため、今年も、問題の傾向が同じかについては不確実性があります。

だからこそ、そのリスクに対処するために他分野の勉強が必要です。

 

私自身も傾向が大きく変わった年だったのですが、上記の戦略で勉強していたので、問題ありませんでしたし、筆記については一番の成績でした。

このように、問題集を解いたうえで過去問を分析することで

  • 傾向が変わった際に大きなアドバンテージになる。
  • 変わらないとしても問題がない。

といった状態を作り出すことができます。

 

いつから勉強を始めるか

人にも依りますが、専門科目の勉強は私は5月から始めました。

ただし、これは当人の学力や研究室が院試勉強をさせてくれるかや過去問の答えの質などに依存するので一概には言えません。

ただし、確実に言えることとしては早くから対策をして損はないということです。

詳しいスケジュールなどは別記事をご覧ください。

 

まとめ

まずは問題集を解いてみてください。そして、できないことを自覚して、過去問の分析をしましょう。

分析から得られた重点分野について、特に勉強し、それと並行して、あまり出ない分野についても勉強するようにしましょう。

そうすることで急な傾向の変更に対応でき、もし変更された場合には大きなアドバンテージを得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。