内部進学の院試は本当に落ちないのか元院生が紹介

院試を内部進学で受ける場合、ほとんど落ちないと聞くけど本当だろうか。
本当です。ただし、「ほとんど」というところに注意が必要です。

 

大学院に進学しようと考えている人は基本的に自大の内部進学の大学院試験を受けると思います。

多大の院に進学するにしろ、自大の大学院には必ず合格しておきたいところです。

 

自大の内部進学は基本的に落ちない

大学が外部生を多く受け入れる大学でもほとんど合格します。

私の大学では、合格率は9割以上でした。

 

落ちる人もいる

私の大学では合格率は9割でした。つまり、落ちている割合は1割程度です。

しかも学部の試験のように適当に過去問だけをやってくるような人間はほとんどいません。

こういった試験は相対評価なので、気を抜いて何もやらないと残念ながら不合格になる可能性は高いでしょう。

 

受かるためにはどうするか

まずは問題集を解いてみましょう。そして、どれくらい自分ができるかを知りましょう。

その後、学部の定期試験と過去問から傾向を分析し、出題されやすい範囲と出題パターンを抽出します。

出題されやすい傾向のある分野を重点的に、問題集でできなかった問題を教科書を見ながら復習します。

それが終わりましたら、過去問を解いてみましょう。

 

恐らく、それでも完全にはできないはずです。

なので、何度も復習するとともに、類題を探して解いてみましょう。

 

類題を解くことで、その問題の解き方のパターンが見えてきます。

すると本質的に必要な知識が見えてくるはずです。

その知識について、再度、教科書で勉強する。そして、類題をまた解くというプロセスを回してみて下さい。

すると、効率的に勉強できると思います。

 

まとめ

内部進学の場合でも大学院入試は落ちることがあります。

なので、気を抜いてはいけません。

しかし、しっかり勉強すれば合格することは難しくありません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。