大学院の学費はどのくらいかかる?

大学院の学費はどのくらいかかる?

この記事では、

大学院にかかる学費という観点から見て、国立と私立どちらがよいかを書いています。

 

私立では、学費が高いから国立に進学しようかと考えている方はぜひご覧ください。

 

国立大学院の学費

 

国立大学院は、基本的には、入学金が、28万2000円、授業料が53万5800で固定です。

つまり、修士卒業では、135万3600円、博士卒業では、296万1000円かかります

 

私立大学院の学費

 

大学院を変更することが多い代表的な学校の関西学院大学、東京理科大学、中央大学の例を挙げます。

 

関西学院大学では、入学金は、23万、授業料は77万でした。

東京理科大学では、入学金は30万、授業料は100万でした。

中央大学では、入学金は24万、授業料は、80万でした。

 

大学によってまちまちですが、修士卒業で、200万、博士卒業で475万程度かかることがわかります。

このように国立よりもやや高い傾向があります。

結局、学費の観点からは国立のほうが良いのか?

 

一概にもそうとは言い切れません。内部進学の場合、入学金免除や授業料免除がある場合があります。

 

私の場合は、免除などを考慮すると国立とさほど変わらなかったです

もちろん大学によるとは思いますが、学費の面では、両者に差はほとんどないといっていいでしょう。

 

従って、学費の面から私立大学から国立大学院に転学することは必要ありません。

 

 

まとめ

 

私立は、額面は高いが、内部進学なら、入学金免除や授業料の割引などにより、安くなり、結果的に国立大学院とさほど差はありません。

そのため、学費の観点から、私立と国立大学院を比較すると差がないということになり、私立大学から国立大学院に移る必要はないということになります。

従って、学費が安いから大学院を変えるのは、お勧めはしません。

 

追記 ただし、奨学金を借りる場合は、国立のほうが有利になります。