【大学院試験】物理化学対策はこの2冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介

大学院合格のために私が使った「物理化学」の教科書と参考書を紹介します。

 

物理化学は、物理が苦手なことが多い化学系(偏見)には、初めはとっかかりにくい学問だと思います。

しかし、内容は難しいですが、出題範囲は有機化学、無機化学に比べるとかなり狭いです。

そのため、比較的、短時間で、点数を上げやすい教科です。

 

今回は、私が使用していた教科書と参考書を2冊紹介します

 

アトキンス物理化学

 

図が多く、内容が非常にわかりやすく、広い範囲をカバーしているため、大学院受験の教科書はこの一冊で十分です。

また、採用している大学が多いので、どこの大学院受験でも対応できるというメリットがあります。
この教科書はどこの大学にも置いてあると思うので買う必要はないと思います。

 

アトキンス物理化学 問題の解き方

 

「アトキンス物理化学」の章末問題の解説書になります。

解説は非常に詳しいです。

文章は、全て英語ですが、そこまで難しい英語ではなかったです(当時TOEIC 500点程度でしたが十分に読めました)。

アトキンス物理化学の問題がすべて解けるようになれば、大学院試験の問題に問題なく対応できます。

注意点としては、誤植が少し多い点ですが、それを差し引いても名著だと思います。

最後に

 

大学院受験で物理化学を勉強する際におすすめの教科書、参考書を2冊紹介しました。

この記事で紹介した2冊の教科書、参考書を勉強すれば、大学院受験レベルの物理化学は十分、網羅できますので、買って損はないと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • こんにちは。東工大学士1年の者です。僕は化学と生物が好きで、分子生物学を研究したいと思っています。
    化学は無機、有機、生化学、物理化学を3年までに履修するようです。
    自分は学校のペースよりも早く、化学を学びたいと思っているのですが、この4つの分野を学習する上で順番はあるのでしょうか。(例えば、生化学は有機化学の後の方がいいなど)
    あれば教えてください。

    • コメントありがとうございます。そしてご入学おめでとうございます。早速ですが、コメントについて回答いたします。順番としては、有機化学と物理化学を学んだあとに無機化学と生物化学を学ぶことをおススメします。
      大まかにいいますと、有機化学は化合物や、化学反応についてを電子的に理解する学問であり、物理化学は、熱力学、量子力学的に理解する学問です。なので、分子生物学を理解するにあたっては必要不可欠といえるでしょう。続いて、無機化学ですが、結晶構造や錯体について理解する学問です。分子生物学では錯体の知識以外あまりお世話にならないと思います。最後に生化学ですが、生物に関わる化学反応を学ぶ学問です。有機化学の知識があることが前提の学問ですので、有機化学を学習し、身についた後に着手するとよいでしょう。
      以上、まとめますと、
      有機化学
      物理化学
      無機化学
      生物化学
      の順番で勉強なさるのがよいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です