【大学院試験】物理化学対策はこの2冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介

【大学院試験】物理化学対策はこの2冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介

大学院合格のために私が使った「物理化学」の教科書と参考書を紹介します。

 

物理化学は、物理が苦手なことが多い化学系(偏見)には、初めはとっかかりにくい学問だと思います。

しかし、内容は難しいですが、出題範囲は有機化学、無機化学に比べるとかなり狭いです。

そのため、比較的、短時間で、点数を上げやすい教科です。

 

今回は、私が使用していた教科書と参考書を2冊紹介します

 

アトキンス物理化学

 

図が多く、内容が非常にわかりやすく、広い範囲をカバーしているため、大学院受験の教科書はこの一冊で十分です。

また、採用している大学が多いので、どこの大学院受験でも対応できるというメリットがあります。
この教科書はどこの大学にも置いてあると思うので買う必要はないと思います。

 

アトキンス物理化学 問題の解き方

 

「アトキンス物理化学」の章末問題の解説書になります。

解説は非常に詳しいです。

文章は、全て英語ですが、そこまで難しい英語ではなかったです(当時TOEIC 500点程度でしたが十分に読めました)。

アトキンス物理化学の問題がすべて解けるようになれば、大学院試験の問題に問題なく対応できます。

注意点としては、誤植が少し多い点ですが、それを差し引いても名著だと思います。

最後に

 

大学院受験で物理化学を勉強する際におすすめの教科書、参考書を2冊紹介しました。

この記事で紹介した2冊の教科書、参考書を勉強すれば、大学院受験レベルの物理化学は十分、網羅できますので、買って損はないと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。