【大学院試験】有機化学対策はこの4冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介!

【大学院試験】有機化学対策はこの4冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介!

大学院合格のために私が使った有機化学の教科書を紹介します。

 

私は、学部のころ、有機化学の成績は下から数えたほうが早かったです。

しかし、この4冊をやって、他の有機系の人間にも後れを取らないレベルの学力を身に着けることができました。

なので、この4冊をやれば、確実に有機化学の力は身に付きます

 

有機化学ー基本から大学院入試まで

 

解説がしっかりしており、誤答が少ないため、信頼性の高い演習書です。

この本をやれば、有機化学の基本的なところは完璧に抑えられます

 

演習で学ぶ有機反応機構

 

東大などの有機化学が難しい大学院を受験する場合は使うとよいと思います。

ただし、有機化学が得意でない場合や初めて有機化学をやる場合は、歯が立たないと思います。

そのような方々は、まず、上の演習書を完璧に仕上げてからこの演習書をやるとよいです。

また、電子の流れなどが詳細に書かれているので有機化学を専攻する人もこれはやっておくとよいと思います。

 

ボルハルトショァー現代有機化学

 

多くの大学で、有機化学の教科書として使用されていると思います。

一からすべてを読むと時間がかかるので、私は、演習をしてわからないところを勉強する際に使いました。

 

教科書は、マクマリーとボルハルトショァーの二つが広く使われています

正直、どちらをやっても変わりません。

なので、受ける大学院の学部の授業で使われている教科書を使うとよいと思います。

 

ボルハルトショァー現代有機化学 問題の解き方

 

上で挙げたボルハルトショァー現代有機化学の章末問題の解説書です。

この本は、少々高いというのと、演習は、上で挙げた二つをやれば十分なので、余力があればやる程度でよいです。

 

最後に

 

有機化学を勉強する際におすすめの教科書、参考書を4冊紹介しました。

 

有機化学を習得することで、電子の流れなど、化学反応を考えるにあたり重要な概念を多く学習できます。

また、有機化学は、座学レベルであれば、直感的に理解しやすいため、短期間で点数を伸ばしやすいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。