就活でのお礼メールは内定を得るのに効果的なのか?【お礼メールの文例あり】

就活でのお礼メールは内定を得るのに効果的なのか?【お礼メールの文例あり】

説明会や面接など就活イベントに参加した後、お礼のメールを送るかどうか悩む人は多いと思います。

私自身、就活をしていた時はお礼メールを送ったことで、何が起こるかといったことが明確でないため、送るべきかどうかわからないという状態でした。

お礼メールを送るべきかどうか。結論から言いますと、送ってマイナスになることはないので、送るべきです。

しかし、就活イベント全てで送る必要は有りません。

企業と接触する就活イベントは大きく分けて三つあります。

  • 説明会
  • 面接
  • 内定式、内定者懇談会

の三つに大別できます。

今回は、この三つのうち、説明会と面接について

  • お礼メールを送る必要があるのかといったこと
  • 送ったことで得られるメリット
  • 送る際の注意点

について説明いたします。

 

説明会参加後にお礼メールは必要?

説明会参加後のお礼メールは必要ありません。
お礼メールを送る目的は、人事に名前を覚えて貰うことです。それには判で押したような内容ではなく、独自性を持ったメールの内容が必要となります。

しかし、説明会で聞いた程度の内容で独自性を持った内容のメールを書くのは難しいと思います。
また、就職活動は忙しいですからそんなことに時間を割くくらいなら、企業研究なりほかのことをすべきです。

また、どうしても説明会の時点で名前を覚えて貰いたいのであれば、説明会後に個別で人事に質問をしに行くことが有効だと思います。

ただし、お礼メールを送る人も、もちろんいます。それがプラスに働くかどうかは別として、「送らないことによって送った人に差をつけられるのではないかと不安になるなら送っても損はないと思います。

 

面接後のお礼メールは必要?

面接後は基本的には、お礼メールは送るべきです。

企業の方は、あなたのためだけにわざわざ時間を割いてくださったのです。
まずはそのことに関して、お礼をするのは社会人としての常識になります。

また、先ほども申しましたが、
お礼メールの真の目的は、名前を覚えて貰うことです。

ありきたりな内容では印象に残らず時間の無駄です。

そのため、独自性のある内容を盛り込む必要があります。

独自性のある内容の例として、

 

  • 面接時に盛り上がった内容
  • 面接を通して解決できた疑問
  • 面接を通して志望度がたかくなった

など、面接での内容を盛り込むべきです。

面接官は、一日に何人もの面接を行います。
そのため、一つ一つの面接の印象は時間がたつにつれ、薄くなります。

そこで、このように面接での内容を盛り込むことで、

 

「そういえばこの子、面接したな~」

 

と思い出してもらうことができます。

また、お礼メールは面接が終わったらすぐに送る必要があります。
というのも面接をしたその日には合否が決まっていることが多いからです。

しかし、いちいち企業ごとにお礼メールの文面を考えていてはすぐに送れませんし、時間の無駄です。

そこで、お礼メールのテンプレートを作っておくことをお勧めします。

参考に、私が就職活動のときに使っていたテンプレートを公開します。一字一句同じというのはまずいですが、参考にして自分のオリジナルのお礼メールのテンプレートを作ってください。

 

お礼メールのテンプレート

 

件名:  ○○面接のお礼 (面接を行った日時 大学 所属 名前)

 

○○株式会社
所属
採用担当者 (名前) 様

平素より、大変お世話になっております。本日、面接をしていただいた、大学 所属 名前と申します。本日はご多忙の中、面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。

独自性のある内容 (面接の際に盛り上がった内容など)

 

御社を第一志望として就職活動を進めておりましたが、ますます御社で働きたいという気持ちが強くなりました。

取り急ぎ、面接のお礼を申し上げます。
今後とも、何卒、よろしくお願いいたします。

===================================================================

学校名

所属 学年

名前

mail: メールアドレス

Tel : 電話番号

〒郵便番号

住所
===================================================================

 

お礼メールは送るスピードが大事なので、面接が終わったらすぐに作成しましょう。また、テンプレートを利用することで、時間を短縮できますので、私のテンプレートをアレンジするなりして自分なりのテンプレートを作るとよいと思います。

 

まとめ

まとめますと、

・お礼メールは面接後には必ず送る。
・お礼メールには面接時の内容などの独自性のある内容を盛り込む

ということになります。

人がわざわざ自分のために時間を取ってくれたときに、お礼を言うのは、ビジネスの上で必須のマナーです。

しかし、面接後のお礼メールは送る人就活生は多くありません。

このような細かいところで、他の就活生に差をつけましょう。

今回も長文を読んでいただきありがとうございました。