【大学院試験】数学はこの3冊で完璧!大学院生がおすすめを紹介!

【大学院試験】数学はこの3冊で完璧!大学院生がおすすめを紹介!

大学院合格のために私が使った数学の教科書と参考書を紹介します。

 

数学は、化学系でいえば、東大では、例えば、選択科目の「数理科学」の一部として、東工大では、選択基礎科目として、出題されます。

つまり、数学系でなくても、大学院受験で数学を使う可能性は十分にあります。

 

本記事では、数学系の専攻以外を受験するが、数学が必要な方向けに大学院生の私が使用した数学の参考書と教科書を紹介します

 

演習 大学院入試問題

 

解説が非常にわかりやすく、問題量も多いです。

また、東大や京大をはじめとする大学院の入試問題が多く載っているので、難易度としても申し分ないです。

 

数学をメインで使わない人は、演習書はこの一冊で十分です

 

受験する大学院で用いられている教科書

 

数学は、「線形代数」と「微分積分」の教科書があれば十分です。

教科書は、できることならば、受験する大学院の学部の授業で用いられているものを使うのが望ましいです。

 

最後に

 

大学院受験で数学を勉強する際におすすめの参考書、教科書を紹介しました。

 

この記事をここまで読んでくださったかたは、数学をメインで使う方ではないと思います。

そのため、数学のウェイトは低いと思うので、数学の勉強は足を引っ張らない程度にして、

浮いた時間を、ウェイトの大きい教科の勉強に充てるとよいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。