【大学院試験】高分子対策はこの2冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介!

【大学院試験】高分子対策はこの2冊で完璧!大学院生のおすすめを紹介!

大学院合格のために私が使った「高分子化学、高分子科学」の教科書と参考書を紹介します。

 

高分子は、受験する人が少ないため、情報が入ってきにくいと思います。

しかし、高分子は、有機化学や無機化学に比べて、対策範囲が限定的なので、非常に点が取りやすいです。

 

基礎高分子科学演習編

 

高分子科学の広い範囲をカバーできるので、かなり良い演習書です。

難易度も平易で、高分子を学部で勉強したことない人でも、十分理解できる内容です。

この本をやれば、高分子化学の基本的なところを抑えられます

 

 

基礎高分子科学

 

上で挙げた演習本の教科書です。内容としては、合成法、物性などの基礎的な部分について詳しく書いてある良著です。

この教科書と演習書で、大学院試験には事足りると思います。

 

最後に

 

大学院受験で高分子化学を勉強する際におすすめの教科書、参考書を紹介しました。

 

高分子科学は、受験する人が少ないため、情報が少ないと思います。

しかし、有機化学や無機化学などに比べて、勉強する範囲が限定的で、対策があきらかに簡単です。

実際に過去問を解いてみて、簡単だと感じたら、高分子で受験するのは十分、アリです。

 

今回、紹介した二冊の教科書、参考書で勉強していただければ、合格できると思います。(高分子が難しい大学院を受験する場合は一概には言えませんが)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。