【就活】説明会での効果的な質問の仕方

【就活】説明会での効果的な質問の仕方

就活生の皆さんはこんな経験はありませんか?

 

説明会の最後に

人事「何か質問はありませんか?」

あなた「…(何を質問すればいいかわからん)」

 

私自身も就職活動を始めたころはそうでした。

 

  • 何を質問すれば「正解」か?
  • 質問をすることに意味があるのか?

 

と思っていました。

 

しかし、質問はできる限りしたほうがいいです。

 

理由としては、

    • 自分の疑問を解消して入社できる
    • 質問によって採用担当者の印象に残る可能性がある

 

ためです。

この二つは、就職活動を後悔しないで終わらせるためにはとても重要な事項です。

 

今回は、説明会での効果的な質問の仕方と私が行った質問の例について紹介いたします。

 

なぜ説明会で質問をするのか。

 

当たり前ですが質問をする意味は就職をするにあたり企業についての疑問を解決することです。

 

企業のことを理解するということは就活において最も重要です。

 

なぜかというとエントリーする企業のスクリーニングの際に企業の情報が必要になるからです。

 

  • 会社の雰囲気が自分に合うかどうか
  • 自分のやりたいことができるか
  • 将来性はあるか

 

など、自分の重視する項目を満たしているかどうかスクリーニングしてエントリーする企業を選びます。(この項目はあくまで私が重視していたものなので、皆さんで柔軟に変えてください)

情報を手に入れることであらかじめミスマッチを防ぎ、就職活動の無駄なエントリーを減らすことができます。

 

また、質問を行うことで採用担当者に目をつけてもらえる利点はあります。

 

私は学内での小さな説明会で質問した際のことを面接の担当者が覚えていて、面接が和やかに進んだ経験があります。

 

参加者の少ない説明会では、担当者の記憶に残る可能性はかなり高いので、積極的に質問をしましょう。

 

質問をする際の注意事項

 

簡潔な質問

質問の時間は自分だけの時間ではありません。

他の人も質問をしたいと考えています。

 

なので、簡潔に質問をしましょう。

ただ簡潔すぎてもよくありません

この学生はなんでこんな質問したんだと思われる危険性があるからです。

採用担当者に意図が伝わるような質問をこころがけましょう。

調べればわかる質問はしない

 

調べればわかる質問をするのは時間の無駄ですし、相手に対して失礼です

 

そのような質問をするということはその企業に対して興味がないと言っているのと同義ととらえられる可能性があります。

 

 

 

名前と所属は名乗らない

ちなみに、名前と所属は名乗る必要はありません。

 

 

 

名乗ったところで、名前と所属は印象に残りません。

 

印象に残るのは、どういう見た目だったかなど、視覚情報です。

そのため、説明機会に挑む際は、面接と同じようにしっかりとした服装で挑む必要があります。

 

余談ですが、

私の受けた企業では、名乗っている人間は少数しかいませんでした。

また、名乗るにしても、名前、所属が聞き取りづらく記憶できた人は正直な話、一人もいません

 

しかし、いい質問をしているなと思った人は容姿は記憶に残っています。

 

採用担当者は、私なんかより多くの学生に接します。

 

それよりも圧倒的に少ない人数しか接していない私が名前、所属を記憶できていないということは、採用担当者は記憶できているとは思いません。

 

実際に、内定後、採用担当者と話をした際、名前、所属は記憶していないが、見た目は記憶しているということは言っていました。

 

つまり、名前、所属の情報をわざわざ開示する必要はないということになります。

 

 

良い質問の条件とは

 

良い質問とは、質問の意図が明快な質問のことです。

 

質問の意図が明確だと相手はなんでこの質問をしたのかわかります。

そこから、採用担当者はこの学生はこういうことに興味があるのだなと感じ、印象に残ります

 

また、明確な質問は、質問する側である自分の欲しい答えを得ることにもつながります。

 

つまり採用担当者、自分どちらにとっても得になります。

 

私の行った質問例

 

私が就活の時、行っていた質問の例を示します。

 

もちろん、この質問例が最適であるとは思いません。

 

反面教師にするのもよいですし、もちろん参考にしていただけると嬉しいです。

 

    • 仕事をする中で忙しい時期はありますか?

    意図: 固定の顧客の注文にこたえるのかどうか?、一年の流れを大まかに理解するため。

     

    • 海外に早くから赴任する人は英語の点数が高いなどなにか特別な資格を持つ人が多いですか?

    意図: 資格を持つ人を優遇するのか?、手を挙げれば海外に行くことができる環境なのか?海外勤務に興味があることを匂わせるため。

     

    • お仕事をされる中で一番やりがいのあった仕事はなんですか?

    意図: 志望動機の肉付けのため。志望動機は、説明会などで聞いたことを入れると「リアリティー」が増すため。

     

    • 現在の業務で大学での勉強が役立ったと思う経験はありますか?

    意図: 大学での専攻とマッチングしている人間を優先して採用するか聞くため。

    (私の経験では、化学メーカーの中では、有機化学をやっている人しか採らないという企業は何社かありました。)

 

 

まとめ

 

説明会で質問をすることで、

 

    • 志望動機の肉付け
    • 自分が入社するにあたって疑問に思う点の解消
    • 採用担当者への印象付け

 

を行うことができます。

 

説明会で質問をすることは、これからの採用活動でも役に立ちます。

 

説明会で「わざわざ」質問をするというように他の人よりも先んじて、行動するということは就活でかなり重要です。

 

多くの企業で、採用試験の中で行われるグループワークでは、この人よりも先んじて行動することによって、「攻略」できます。

 

ぜひ、その能力を身に着けるためにも、恐れずに、恥ずかしからずに質問をしてみてください。

 

最後まで、長文を読んでいただきありがとうございました。