研究室見学会は行くべき?元院生が紹介

院試の説明会にの後に研究室見学会があるけど、参加したほうがいいのだろうか。
行きたい研究室が決まっていないなら参加してください。

東大や京大、東工大などの外部性が多い大学院では大学院試験の説明会を開催しています。その後には大抵、研究室見学会が開催されています。

この研究室見学会では、ほとんどの研究室が解放されており、自由に見て回ることができます。そのため、普段ならアポをとらないといけない研究室見学が気軽にできます。しかし、アポをとらないことから、印象が薄くなったり十分に見学ができないと不安になると思います。

そこで、元院生、現研究職の私が当時を振り返り、紹介します。

 

研究室見学会にはいくべき

研究室見学会では行きたい研究室のスクリーニングができます。

研究室でどこに行くかを決める際には人にもよるとは思いますが、まずは専攻を決め、行きたい研究室を決めると思います。

その際、大抵は研究室のホームページの情報を見て、決める人が多いです。

しかし、私自身も研究室のホームページの担当をしていたこともあったので、わかるのですが最新の情報が載っているとは限りません。

国家プロジェクトに参加しており、研究結果を見えるようにする必要があったり、更新をまめにするようなところでない限りは、タイムラグがあります。

 

そのため、やりたいと思っていた研究がもうやっていないことはざらにあります。

そのため、実際に行って確かめる必要があります。

しかし、気になる研究室すべてにアポをとるとなると、B4で研究室が始まっている人は現実的に難しいと思います。

 

そのため、効率的に研究室を見学できる研究室見学会に参加するべきなのです。

 

印象に残る必要はない

改めて、そこの研究室に行きたい場合は、再度、アポをとることになります。

院試では基本的に、そこの研究室に入りたいことをあらかじめ連絡しておくことが一般的です。

その時に再度、会う機会を設けてくれると思うので、もしも印象に残りたいなら、そこでアピールすればいいでしょう。

 

研究室見学会でもちゃんと見学できる

研究室見学会では多くの人が一緒に見学を行うため、見学や質問が満足にできないと思うかもしれません。

しかし、研究室見学会の時は研究室側で受け入れる体制を作っているので、見学はちゃんとできます。

さらに、質問についても、複数人まとめてになりますが、ちゃんと時間をとってくれます。

基本的には、質問を大量にするような熱心な人は少ないので、問題ありません。

 

満足に見学できなかったら再度、アポをとればいい

 

運悪く (運よく)、熱意のあるよく質問するタイプの方と一緒になり、満足に見学ができない場合もあります。

その場合は、「研究室見学会で満足に見れなかったため、もう一度訪れたい」旨をメールしてみましょう。

すると、再度、見学の時間を設けていただけるはずです。

また、「一般的な」教員はそういう熱意のある人間が好きな場合が多いので、邪険にはされないと思います。

 

まとめ

行きたい研究室が決まっていないなら研究室見学会には必ず行きましょう。

もしも、どの大学院に行けばいいか悩んでいる場合はこちらの記事をご参考ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です